看護師のための電解質ガイド

Ca(カルシウム)異常の原因

原発性の副甲状腺機能亢進症やPTH賛成腫瘍など、副甲状腺ホルモン(PTH)が過剰となる病態や、
ビタミンD摂取過剰は、高Ca血症(高カルシウム血症)を引き起こし、
逆に、副甲状腺機能の低下やビタミンD不足は、低Ca血症(低カルシウム血症)の原因となります。

 

ですが、さらに、その原因を追究する必要性が出てきたり、
種々雑多な要因を考慮する必要性が出てくる事も多々あります。
例えば、腎障害を背景とした低カルシウム血症は、珍しい病気ではありませんし、
悪性腫瘍患者に高カルシウム血症を見る場合は、骨転移によるCaの溶出の可能性を忘れることはできません。

 

Ca異常の原因を羅列すると長大になりますが、
「腸」・「腎」・「骨」という少なくともこの三つを考慮して理解することが重要です。