看護師のための電解質ガイド

カルシウムの生理作用

カルシウムは、体内に大量に貯蔵されています。
では、生体において、カルシウムはどのような働きをしているのでしょうか。

 

カルシウムの作用が極めて多様で、この多様さ上に高/低Ca血症の症状の多彩さの原因となっています。

 

まず、骨や歯の原料として、骨や歯の硬度を保つ事も機能の一つです。

 

そして、最も症状の理解に直結しやすい生理作用といえば、
神経伝導や、心筋を含む筋収縮への関与があります。
ですから、神経・筋症状や不整脈等の症状が、Ca異常の中核を占めているのです。

 

その他にも、凝固因子としての作用や、
細胞内の情報伝達、酸素活性の調節など、局所的な症状とは結びつけがたいですが、
重要な作用を数多く担っています。